始め方

無料VPSが利用できる海外FXおすすめランキング|選ぶポイントと無料VPS利用条件の比較表

海外FXでEAを利用した自動売買を行うなら、VPSの利用がおすすめです。条件を満たすことで無料でVPSを利用できる海外FX業者もあります。

VPSを提供していない場合は、個別でVPS会社と契約することはできますが、海外FX業者で無料利用ができれば、そのほうが手間もコストもかからなくて便利です。

カワセちゃん
カワセちゃん
無料でVPSを利用できる海外FX業者があるの?
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
そうですね。無料VPSに対応している海外FX業者は複数あります。これからおすすめを紹介しますね!
トウシくん
トウシくん
海外FXのVPSについて、基本情報やメリット・デメリット、VPS対応FX業者の選び方、スペック比較表も紹介します!

海外FXの『VPS』とは

はじめに、海外FXのVPSについて、基本情報を解説します。

海外FXのVPSとは何か

VPSとは「Virtual Private Server / バーチャル・プライベート・サーバー」の略で、日本語で『仮想専用サーバー』です。

自分のPCとは別に、オンライン上に仮想のPC(サーバー)を持つようなイメージ。VPSサーバーを使うことで、自分のPCを稼働しなくても、VPSで自動売買ができます。

自動売買では、PCをつけっぱなしにする必要がありますが、PCの稼働が止まってしまうと、EAも止まってしまいます。また、PCのつけっぱなしは電気代がかかるというデメリットも。

VPSサーバーを利用することで、そういったデメリットは解消できます。そのため、FXでEA(自動売買)をする際には、VPSが必要不可欠です。

VPS上でMT4/MT5・EAを立ち上げて、ずっと稼働したままにできます。

なお、海外FX業者では、一定の条件を満たすことで、VPSを無料で利用できます。

海外FX業者でVPSを使うと何ができる?【メリット】

  • PCをオフにしても、24時間安定した自動売買ができる
  • EAの稼働が楽になる
  • PCをオフにできるので、電気代を節約できる
  • 停電やPC故障、通信障害などのトラブルの心配がない
  • PCの消耗が軽減される
  • スマホやタブレットでも自動売買ができる
  • サーバーに近いVPSが使えて通信速度が速くなり、約定力が高くなる
  • 約定スピードが上がって、スキャルピングでの利益も狙える
  • 約定率が上がって、滑りにくくなる

海外FX業者でVPSを使う注意点【デメリット】

  • 取引コストがかかる(→海外FXでは、条件を満たすことで無料で利用できる!)
  • セキュリティが厳しく、ダウンロードする際にエラーになることがよくある
  • VPS業者によって、クオリティーに差が出てパフォーマンスが変わる
トウシくん
トウシくん
海外FX業者でVPSを無料で利用するには、口座残高や取引回数などの、決められた条件を満たす必要があります。

VPSの利用目的で海外FX業者を選ぶポイント

VPSを利用する目的で、海外FX業者を選ぶポイントを下記にまとめました。

  • VPSが無料で利用できるかどうかをチェック
    →無料VPSに対応しているかどうかをまず確認する
  • VPSの提供会社をチェック
    →海外FX業者によってVPSの提供会社が違う(*下記にて、おすすめのVPS会社リストを紹介)
  • CPU(処理速度)をチェック
    →コア数の多さと価格のバランスでコスパも確認
  • メモリ(容量)をチェック
    →EA1台につき約1GBが目安、複数稼働なら2GB以上が目安
  • HDD/SSDをチェック
    →SSDの容量は50GB以上が目安
  • サーバーの場所をチェック
    →利用する海外FXのメインサーバー設置場所に近いVPSサーバーを選ぶと高速約定につながる

海外FX業者はVPS会社と提携しており、VPSサービスを独自のプランで提供しています。

海外FX業者によって提携しているVPS会社が異なるので、信頼度が高く、かつコスパが良いVPS会社のおすすめをいくつか紹介します。

おすすめのVPS会社リスト
  • Beeks
  • Vultr
  • MetaQuotes Ltd
  • お名前.com
  • WIN-VPS.com
  • Time4VPS
  • ABLENET
  • VirMach
  • I/O ZOOM

基本的に、海外FX業者は条件を満たすことで無料でVPSサービスを利用できます。ただしスペックなどに差が出るので、これらのリストにあるVPS会社と提携している海外FX業者はおすすめです。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
これらのスペックの確認も大切ですが、検討している海外FX業者の使い勝手やサービスの確認も大切です!
トウシくん
トウシくん
たとえば、日本語サポートの有無やボーナスの有無も確認しておくとよいでしょう。

無料VPSがおすすめの海外FX業者・スペック比較表

海外FX業者で無料VPSサービスを利用する条件は、「口座残高」や「取引数量」が関係します。

そこで、おすすめの海外FX業者と提携しているVPS会社と、無料VPSの利用条件を比較して、表にまとめました。

※無料VPSではなく、利用料金が還元されるキャッシュバック制の海外FXも1つ含まれています。

海外FX業者 提携しているVPS会社 無料VPSの利用条件 詳細情報
口座残高 取引数量
XMTrading Beeks 1,000ドル以上/月 5ロット以上/月 ・公式サイト
・FX業者情報
→VPS情報はこちら
HFM(旧Hotforex) Beeks 5,000ドル以上/月 5ロット以上/月 ・公式サイト
・FX業者情報
→VPS情報はこちら
GEMFOREX Merrick Mirror 5,000ドル以上/月 ・公式サイト
・FX業者情報
→VPS情報はこちら
Exness Exness B.V. 入金実績500ドル以上
常時100ドル以上
・公式サイト
・FX業者情報
→VPS情報はこちら
IS6FX IS6 Technologies Ltd 5,000ドル以上/月 ・公式サイト
・FX業者情報
→VPS情報はこちら
FBS FBS VPS申込時
450ドル以上
3ロット以上/月 ・公式サイト
・FX業者情報
→VPS情報はこちら
TradersTrust Beeks 2,000ドル以上/月 5ロット以上/月 ・公式サイト
・FX業者情報
→VPS情報はこちら
FXGT MetaQuotes Ltd 常時5,000ドル以上 5ロット以上/月 ・公式サイト
・FX業者情報
→VPS情報はこちら
VANTAGE 自由に選択可能 ※無料ではないがキャッシュバックあり
・公式サイト
・FX業者情報
→VPS情報はこちら
入金実績1,000ドル以上で、毎月1回最大50ドルまでのVPS利用料金が還元される 10ロット以上/月
トウシくん
トウシくん
VPSがおすすめの海外FX業者について、次に詳しく解説します!

無料VPSが利用できる海外FXおすすめランキング

無料VPSが利用できる海外FXおすすめランキングを紹介。各FX業者の基本情報とVPSスペックを詳しく解説します。

※無料VPSではなく、利用料金が還元されるキャッシュバック制の海外FXも1つ含まれています。

XMTrading(XMトレーディング)

XMTrading(XMトレーディング)の基本情報

設立年 2009年
金融ライセンス セーシェル諸島(FSA)
口座タイプ Micro口座、Standard口座、KIWAMI極口座、XMTrading Zero口座
最大レバレッジ 1000倍
取引プラットフォーム MT4、MT5
ボーナス ・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・ロイヤルティプログラムの取引ボーナス
・その他複数
日本語サポート ‎・日本語ライブチャット:平日 09:00~21:00
・メール(support@xmtrading.com):24時間受付

XMトレーディング(XMTrading)は、日本人トレーダーに最も人気の高い海外FXです。KIWAMI極口座が新しくリリースされてからは、より人気が上昇。口座開設ボーナスをはじめとする豊富なボーナスがあることもおすすめポイントです。

XMTrading(XMトレーディング)のVPSスペック

提携しているVPS会社 無料VPSの利用条件
口座残高 取引数量
Beeks 1,000ドル以上/月 5ロット以上/月
メモリ CPU ストレージ OS データセンターの場所 プラン/通常の月額料金
1.3GB 1コア 25GB(SDD)
30GB(HDD)
Windows 2012 ロンドン ブロンズ
4,750円/月

XMTrading(XMトレーディング)の無料VPSサービスは、高速で安定性の高いBeeks社のブロンズプラン。スペックは上記のとおりです。

MT4なら1つ、EAなら1~3ほどであれば問題なく稼働します。また、ロンドンにあるXMTrading(XMトレーディング)の取引サーバーの近くなので、約定力の高さが魅力です。

なお、無料VPSの利用条件をクリアできなかった場合は、取引料金が差し引かれます。

https://aky-net.co.jp/kaigaifx/xm/

HFM(旧Hotforex)

HFM(旧Hotforex)の基本情報

設立年 2010年
(HFMにブランド名が変更したのは2022年)
金融ライセンス セントビンセント&グレナーディン(SV)、英国金融行為規制機構(FCA)、ドバイ金融サービス機構(DFSA)、金融行動監視機構(FSCA(南アフリカ))、セーシェル金融サービス機構(FSA)、ケニア共和国の資本市場庁(CMA)
口座タイプ マイクロ口座、プレミアム口座、HFコピー口座、ゼロスプレッド口座、イスラム口座、セント口座
最大レバレッジ 1000倍
取引プラットフォーム MT4、MT5
ボーナス ・口座開設ボーナス
・余剰証拠金還元(ROFM)プログラム
・ロイヤリティ・プログラム
・その他
日本語サポート ・ライブチャット:月曜~金曜日 24時間
・メール(tradingdesk@hfm.com):24時間受付
・問い合わせフォーム:24時間受付

HFM(旧HotForex/ホットフォレックス)は、2010年にHotForex/ホットフォレックスとしてサービスをスタートした海外FX業者です。2022年5月に「HFM」にブランド名を変更しました。

世界的に人気の高いFX業者で、タイトなスプレッド、最大1,000倍のレバレッジ、平日24時間サポートなど、高水準な取引環境が魅力です。

HFM(旧Hotforex)のVPSスペック

提携しているVPS会社 無料VPSの利用条件
口座残高 取引数量
Beeks 5,000ドル以上/月 5ロット以上/月
メモリ CPU ストレージ OS データセンターの場所 プラン/通常の月額料金
1.3GB 1コア 25GB HDD Windows Server 2012 東京、香港、ロンドン、シカゴ、ニューヨーク、フランクフルト ブロンズ
30ドル/月

HFMでは、取引サーバー、VPSロケーションを自由に選択できるので、どの国にいても最適な環境でトレードできます。なお、スペックはXMとほとんど変わりません。

無料VPSの利用条件として紹介したのは、ブロンズプラン。毎月の口座残高は5,000ドル以上、取引数量は5ロット以上で、無料VPSが利用可能です。

さらにスペックを挙げたい方は、シルバープラン、ゴールドプランが用意されていますが、条件が厳しくなるので、資金に余裕のある上級者向け。

ブロンズプランでも、MT4/MT5・EAを稼働させることに問題はありません。

https://aky-net.co.jp/kaigaifx/hotforex/

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

Gemforex(ゲムフォレックス)の基本情報

設立年 2010年
金融ライセンス セントビンセント・グレナディーン金融監督庁(SVG FSA)
口座タイプ オールインワン口座、ミラートレード専用口座、ロースプレッド口座、スキャルピングフリー口座、レバレッジ5000倍口座、ガチゼロ口座
最大レバレッジ 5000倍
取引プラットフォーム MT4、MT5
ボーナス ・口座開設ボーナス
・入金ボーナスジャックポット
・友達紹介ボーナス
・その他
日本語サポート ・ライブチャット:平日10:00~17:00
・メール(customer@gforex.asia):24時間受付
・問い合わせフォーム:24時間受付

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、2010年に創業。サイトもサポートも完全日本語対応で、日本人トレーダーが多数利用しています。

豊富なボーナスを提供、自動売買やコピートレードシステムを無料提供するなど、ハイスペックな海外FX業者として人気です。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のVPSスペック

提携しているVPS会社 無料VPSの利用条件
口座残高 取引数量
Merrick Mirror 5,000ドル以上/月
メモリ CPU ストレージ OS データセンターの場所 プラン/通常の月額料金
1GB 1コア 50GB HDD Windows Server 2012 アメリカ プラン不明
28ドル/月

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の無料VPSは、提携先のVPS会社がMerrick Mirrorというマイナーな会社です。そのため、サーバーの安定性が不安視されています。

しかし、無料VPSを利用する際の取引数量のノルマはなく、利用条件がゆるいことがメリットです。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)とは|ゲムフォレックスの特徴や評判、登録・入金・出金方法、ボーナスまで徹底解説GEMFOREX(ゲムフォレックス)は手数料無料のスプレッドが狭い口座がある海外FX業者。GEMFOREX(ゲムフォレックス)の評判や登録・入出金・ボーナス情報まで徹底解説!当サイトから登録で限定のゲムフォレックスのボーナスがもらえます!...

Exness(エクスネス)

Exness(エクスネス)の基本情報

設立年 2008年
金融ライセンス セーシェル金融庁(FSA)
口座タイプ スタンダード口座、スタンダードセント口座、ロースプレッド口座、ゼロ口座、プロ口座
最大レバレッジ 無制限
取引プラットフォーム MT4、MT5
ボーナス なし
日本語サポート ・ライブチャット:月08:00~土00:00
・メール(support@exness.com):24時間受付

Exness(エクスネス)は、2008年に設立した海外F業者です。一時的に日本市場を撤退していましたが、2020年に日本語対応を充実させて再びサービスをスタートしました。

レバレッジ無制限を選択できること、追証なし・ゼロカットシステム、最低入金額1ドルから可能など、たくさんの魅力があります。

Exness(エクスネス)のVPSスペック

提携しているVPS会社 無料VPSの利用条件
口座残高 取引数量
Exness B.V.(自社) 入金実績500ドル以上
常時100ドル以上
直近14日間に口座で取引が行われている必要がある
メモリ CPU ストレージ OS データセンターの場所 通常の月額料金
2GB 1コア 50GB HDD Windows Server 2019 アムステルダム なし

Exness(エクスネス)は、「入金実績500ドル以上」「口座残高100ドル以上を維持」「直近14日間に口座で取引がある」といった利用条件をクリアしていれば、無料でVPSを利用できます。

ただし、条件をクリアしないとVPSが停止状態となり、VPS上に保存されたデータは消去され、初期化されてしまうので気をつけましょう。

Exness(エクスネス)とは|エクスネスの特徴や評判、登録・入金・出金方法、ボーナスまで徹底解説Exness(エクスネス)は、2008年に設立された海外FX会社です。 日本人向けサービスを本格的に開始したのは2020年ですが、...

IS6FX

IS6FXの基本情報

設立年 2020年(旧法人is6comは2016年~)
金融ライセンス セントビンセント・グレナディーン(FSA)ライセンスを保有
口座タイプ マイクロ口座、スタンダード口座、プロ口座、レバレッジ6000倍口座、EX口座
最大レバレッジ 6000倍
取引プラットフォーム MT4、MT5
ボーナス ・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・お友達紹介ボーナス
・その他
日本語サポート ・ライブチャット:平日10時~17時
・LINE:平日10時~17時
・メール(support@is6.com):24時間受付
・問い合わせフォーム:24時間受付

IS6FXは、2016年にis6comとしてサービスを開始。2020年にリニューアルをしてIS6FXにブランド名を変更した海外FX業者です。

リニューアル後は、充実したキャンペーンボーナスや、最大レバレッジ6,000倍の口座があるなど、魅力的なポイントが複数あります。

IS6FXのVPSスペック

提携しているVPS会社 無料VPSの利用条件
口座残高 取引数量
IS6 Technologies Ltd(自社) 5,000ドル以上/月
メモリ CPU ストレージ OS データセンターの場所 通常の月額料金
1GB 1コア 40GB HDD Windows Server 2012 不明 28ドル

IS6FXの無料VPSの利用条件は口座残高5,000ドル/月のみで、取引数量のノルマはなく、利用条件がゆるいことがメリットです。

稼働できるMT4は1つまでなので、スペックが足らないと感じたら、有料のVPSを直接契約しましょう。

IS6FXとは|IS6FXの特徴や評判、登録・入金・出金方法、ボーナスまで徹底解説IS6FXは2016年にサービスを開始して、2020年に大幅リニューアルをした海外FX業者です。IS6FXは最大レバレッジ1,000倍と...

FBS

FBSの基本情報

設立年 2009年
金融ライセンス VFSC(バヌアツ金融サービス委員会)
口座タイプ セント口座、マイクロ口座、スタンダード口座、ゼロスプレッド口座、ECN口座、仮想通貨口座
最大レバレッジ 3000倍
取引プラットフォーム MT4、MT5
ボーナス ・入金ボーナス
・レベルアップボーナス
・キャッシュバック
・その他
日本語サポート ・ライブチャット:​24時間365日
・メール(support@fbs.com):24時間受付

FBSは、2009年に創業。最大3,000倍の高レバレッジで取引できる海外FX業者として注目されています。信託保全制度を採用、業界の受賞歴多数など、信頼度の高い海外X業者です。

FBSのVPSスペック

提携しているVPS会社 無料VPSの利用条件
口座残高 取引数量
FBS(自社) VPS申込時に
450ドル以上入金する
3ロット以上/月
メモリ CPU ストレージ OS データセンターの場所 プラン/通常の月額料金
4GB 2コア 60GB SSD Windows2012 R2 不明 33ドル/月

FBSの無料VPSサービスは自社提供。MT4なら1~2つくらいなら問題なく稼働します。

無料VPSの利用条件も、それほど厳しくはありません。口座残高の条件ではなく、VPS申し込み時に450ドル以上を一度入金すればOK。あとは、毎月3ロット以上の取引をすることで、無料VPSを利用できます。

利用条件をクリアできなかった場合は、月額料金が33ドルかかることに注意しましょう。

FBSとは|海外FX業者FBSの特徴や評判、登録・入金・出金方法、ボーナスを徹底解説FBSは最大レバレッジ3000倍の海外FX業者。FBSの口コミ評判から口座開設、入金入金の方法、取引時間、ボーナスまで徹底解説。...

TradersTrust(トレーダーズトラスト/TTCM)

Traders Trust(トレーダーズトラスト/TTCM)の基本情報

設立年 2009年
金融ライセンス バミューダ共和国設立法人の規約のもと運営、ヨーロッパ圏内の運営はキプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンスを保有
口座タイプ クラシック口座、プロ口座、VIP口座
最大レバレッジ 3000倍
取引プラットフォーム MT4
ボーナス ・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・ロイヤルティプログラム
・VIPキャッシュバック
・その他
日本語サポート ・ライブチャット:月曜日~金曜日 24時間対応
・メール(jsupport@ttcm.com):24時間受付

TTCM(トレーダーズトラスト)は、2009年に設立。運営実績があり信頼できます。

最大レバレッジ3,000倍のハイレバ取引が可能で、日本語サポートも充実していることから、使い勝手が良くておすすめの海外FX業者です。

TradersTrust(トレーダーズトラスト/TTCM)のVPSスペック

提携しているVPS会社 無料VPSの利用条件
口座残高 取引数量
Beeks 2,000ドル以上/月 5ロット以上/月
メモリ CPU ストレージ OS データセンターの場所 プラン/通常の月額料金
2.5GB 1コア 30GB HDD Windows Server 2012
Windows Server 2016
Linux Servers
ロンドン ブロンズ
25ドル/月

上の表で紹介したTradersTrust(トレーダーズトラスト)の無料VPS利用条件は、ブロンズプラン。シルバープランの利用条件は3000ドル+7ロット、ゴールドプランの利用条件は5000ドル+10ロットです。

MT4/MT5・EAの同時稼働数が増えてスペックが足らないと感じたら、プラン変更を検討するのもおすすめ。ただし、条件をクリアできなかったときの月額料金も上がるので、よく検討しましょう。

TTCM(トレーダーズトラスト)とは|TTCMの特徴や評判、登録・入金・出金方法、ボーナスまで徹底解説トレーダーズトラストは、2009年に設立した老舗のFX会社です。好条件の環境や、透明性の高さから注目度が高まっています。 ...

FXGT

FXGTの基本情報

設立年 2019年
金融ライセンス セーシェル金融サービス庁(FSA)
口座タイプ ミニ口座、FX専用口座、Crypto max口座、スタンダード+口座、プロ口座、ECN口座
最大レバレッジ 1000倍
取引プラットフォーム MT5
ボーナス ・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・ロイヤリティボーナス
・その他
日本語サポート ・ライブチャット:24時間365日対応
・メール(jpsupport@fxgt.com):24時間365日対応

FXGTは、2019年に設立された海外FX業者です。

最大1,000倍のレバレッジで、通貨ペアと仮想通貨のレバレッジ取引が可能なハイブリッドブローカー。充実したボーナスやスピーディーな入出金対応も魅力です。

FXGTのVPSスペック

提携しているVPS会社 無料VPSの利用条件
口座残高 取引数量
MetaQuotes Ltd 常時5,000ドル以上 5ロット以上/月
メモリ CPU ストレージ OS データセンターの場所 通常の月額料金
3GB 1コア 16GB HDD Windows Server 2012
Windows Server 2016
Linux Servers
FX業者に合わせて自動選択 15ドル/月

FXGTの無料VPSサービスは、MT4/MT5の開発元であるMetaQuotes社のMetaTrader VPSを採用しています。プランは1つのみです。

利用条件は一般的で、それほど厳しくはありません。

FXGTとは|海外FX業者FXGTの特徴や評判、登録・入金・出金方法、ボーナスを徹底解説FXGTは海外FXと海外仮想通貨のハイブリッド取引ができる海外FX業者。FXGTの口コミ評判から口座開設、入金入金の方法、取引時間、ボーナスまで徹底解説。...

VANTAGE(バンテージ) ※無料ではないが還元あり

VANTAGE(バンテージ)の基本情報

設立年 2009年
(日本向けサービスの再スタートは2022年~)
金融ライセンス バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)、ケイマン諸島金融庁(CIMA)
口座タイプ RAW ECN 口座、スタンダードSTP口座、プロECN口座、セント口座、スワップフリー口座
最大レバレッジ 1000倍
取引プラットフォーム MT4、MT5、PROTRADER
ボーナス ・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・その他
日本語サポート ・ライブチャット:月曜日~金曜日の06:00~18:00(英語は24時間)
・メール(support@vantagejapan.com):24時間受付

Vantage(ヴァンテージ)は、VantageFXとして2009年からオーストラリアを拠点にサービスをスタート。2020年にいったん日本向けサービスを一時停止していましたが、2022年8月から「Vantage」として再び日本でのサービスをスタートさせました。

スプレッドの狭さ、レバレッジの高さなど、スペックの高い海外FX業者として注目されています。

VANTAGE(バンテージ)のVPSスペック

提携しているVPS会社 VPSの利用料金還元の条件
口座残高 取引数量
自由に選択可能 入金実績1,000ドル以上で、毎月1回最大50ドルまでのVPS利用料金が還元される 10ロット以上/月
メモリ CPU ストレージ OS データセンターの場所 プラン/通常の月額料金

VANTAGE(バンテージ)は、VPS会社を自由に選択できます。

無料VPSサービスの提供はありませんが、VPS利用料金還元(キャッシュバック)のサービスはあります。キャッシュバックサービスを受けられる条件は、上の表のとおり。

VPS会社の請求書をマイページなどからアップロードすることで、後日キャッシュバックされる仕組みです。

Vantageの評判|良い口コミと悪い口コミを調査・特徴も解説Vantageの良い評判も悪い評判も詳しく知りたいという方は、ぜひご覧ください。実際に利用したユーザーの口コミをもとに、Vantageのメリットとデメリットがわかります。...

無料VPSがおすすめの海外FX・まとめ

本記事では、無料VPSが利用できるおすすめの海外FX業者を紹介しました。

長時間EAを利用した取引を行う予定がある方は、VPSの利用がおすすめです。紹介した海外FX業者は、条件を満たすことで無料でVPSが利用できるので、ぜひご検討ください。

無料VPSがおすすめの海外FX・まとめ
  • EA(自動売買)をする際には、VPSが必要不可欠
  • 特定の海外FX業者では、口座残高や取引数量などの条件を満たすことで、VPSを無料で利用できる
  • 無料VPSがおすすめの海外FX業者は、XMTrading、HFM、GEMFOREXなど
トウシくん
トウシくん
VPSを利用するなら、おすすめ業者の利用をぜひご検討ください!